松戸市常盤平金ケ作公園で通り魔事件か?犯人の動機や現場の様子

千葉県松戸市常盤平の金ケ作公園で5月21日、包丁を持った男が4人に切りつける事件が起きました。また現場付近の、松戸市常盤平3丁目の公園から「男がバットと包丁を振り回して暴れ、ケガ人が多数出ている」などと警察から連絡があったということで、同一犯の犯行なのかなどの詳しい情報がわかっていません。

スポンサードリンク



常盤平の金ケ作公園刃物ので切りつけ4人負傷

発表によりますと5月21日午前11時20分ころ、松戸市常盤平の公園で、通行人から「包丁のようなもの持った男が暴れている」などと千葉県警に110通報があったことで事件が発覚したということです。

110番通報を受けて、警察官や救急隊らが、松戸市常盤平の公園現場に駆けつけたところ、公園にいた4人が刃物で切りつけられて現場で負傷していました。

刃物で切りつけられ負傷した4人は病院に救急搬送され、搬送先の病院で治療を受けたところ、幸いなことにいずれも軽傷で、命に別状はありませんでした。

千葉県警は無差別に狙われた通り魔事件の可能性もあるとみて調べています。

千葉県警は犯人と思われる包丁を持った男の身柄を確保し、事情を聞いているようです。

バットと刃物の振り回し6人負傷

松戸市消防局によりますと5月21日午前11時30分ころに、松戸市常盤平3丁目の公園から「男がバットと包丁を振り回して暴れ、ケガ人が多数出ている」などと警察から連絡があったということです。

この連絡を受けて、救急隊らが現場に駆けつけ、男性6人を病院に救急搬送しました。病院に搬送された男性らはいずれも軽傷ということで、命に別条はないということです。

病院に搬送された6人の中には、バットと刃物をを振り回して暴れていた男も含まれているとみられています。

松戸市常盤平の公園付近で事件が相次いだということになりますが、現時点では、犯人の男は同一人物なのかなどの詳しい情報はわかっておりません。

男の身柄は確保されているので、詳細は千葉県警の方から、発表があると思います。

犯人の男の事件に至った経緯や犯行動機などについて詳しく警察が捜査を進めています。

ツイッターの投稿をまとめ

犯人の男の身柄は確保されているようなので、早い時期に詳しい事件の経緯や犯人の動機が発表されると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*