最年少優勝

日本女子オープン2016最年少メジャー優勝アマ畑岡奈紗15歳長野10位タイ

国内女子プロゴルフの今季メジャー大会(公式戦)第3戦、

日本女子オープンは10月2日、栃木県那須烏山市の

烏山城CCで最終ラウンドがあり、前日に首位と4打差の

5位だった17歳のアマチュア畑岡奈紗(ルネサンス高3年)が

5バーディー、2ボギーの68で回り逆転、通算4アンダー

280ストロークで、国内女子ツアー初優勝を果たした。

17歳263日での達成は、平瀬真由美が持つ20歳27日を

抜いてメジャー史上最年少優勝記録を更新した。

優勝が決まった瞬間、中島常幸アカデミーでゴルフを習って

きた畑中奈紗のところに恩時の中島常幸プロだ来て握手を

交わすシーンがあった。

 

日本女子オープンアマ17歳畑中先週優勝恩師中島プロ

日本女子オープンアマ17歳畑中先週優勝恩師中島プロ

 

☆アマチュア選手がベスト10内に3人

今年で49回目の今大会を含む国内女子の公式戦(ワールドレディース・

サロンパスカップ、女子プロ選手権コニカミノルタ杯、女子オープン、

LPGAツアー選手権リコーカップの4試合)でアマチュア選手が優勝した

のは初めて。2位は通算3アンダーの堀琴音。前年優勝の田仁智(チョン・インジ)

1アンダーで3位に入った。

16歳の西村優菜(ゆな)(大阪・大商大高1年)がイーブンパーの6位。

前日単独首位だった15歳の長野未祈(みのり)(千葉・麗沢高1年)は

78とスコアを崩し、2オーバーの10位だった。

「今回の日本女子オープンはアマチュア選手がベスト10内に3人も

入るという、まさにアマチュアゴルファーが躍進した大会でしたね!」
 
スポンサードリンク




 

☆最終日の試合結果

3日目、首位に立ち最終日最終組をまわる、15歳のアマチュア長野は

序盤から自分のゴルフができず、16番で初めてのバーディーはとったが、

最終日は6ストローク落とし、通算1オーバー10位タイに終わった。

 

最終日の長野未折選手

最終日の長野未折選手

先に4アンダーでホールアウトした畑中選手と16番まで首位に並んで

いた堀琴音プロは17番でボギーをたたき、3アンダーの2位に後退。

18番で難しいバーディーパットを決めて4アンダーに浮上した畑中

選手のスコアーがわかっていたので、18番長いバーディーパットを

積極的に打ったが、わずかにはずれてしまい、堀琴音プロにとって

初のツアー勝利はならなかった。

 

日本女子オープン2位の堀琴音プロ

日本女子オープン2位の堀琴音プロ

 

☆日本女子オープン2016まとめ

今回の日本女子オープンは、アマチュアが大躍進した大会でした。

最終日は、堀琴音プロが最後までプロゴルファーの意地を見せて

頑張ってくれましたが、プロだからこそかかる重圧を1人で抱えた

感じで、17番のボギーなどは精神的な面が影響して落としたのでは

ないかと思われ、最後は1打届かなかったですね。

優勝した畑中選手は、高校卒業後プロゴルファーになることが

約束されたので、日本を代表するゴルファーに成長して下さい!!

 

スポンサードリンク



日本女子オープン最年少優勝記録かけてアマ長野未折最終日へ

アマチュアで15歳の凄いスーパー女子高校生が頑張っています。

日本女子オープン選手権第3日(10/1、栃木・烏山城CC二の丸/三の丸

6506ヤード、パー71)今年の女子ゴルファー日本一を決める大会です。

3日目、首位に1打差の2位から出た15歳のアマチュア長野未祈(みのり)

(千葉・麗沢高1年)が4バーディー、3ボギーの1アンダー70で回り、

通算5アンダーで単独首位に立ちました。2位とは2打差をつけて、

最終日を迎えます。

 

「長野未祈」の画像検索結果

出典元:ヤフー検索画像

 

国内メジャー大会において、第3ラウンド終了時点でアマチュアが首位に

立つのは史上初で、優勝すればアマチュアがメジャー大会に優勝するのは

史上初。もう一つ、2014年4月のKKT杯バンテリン・レディースで勝みなみ

(鹿児島高)がマークした15歳293日のツアー最年少優勝記録を更新する。

 
スポンサードリンク




 
3日目を2位で最終組でラウンドすることになった長野さんは、「「昨日の夜

から緊張していて、ギャラリーもたくさんいたので固くなった」とラウンド終了後

インタビューに答えていた。インタビューで話した通り、緊張して固くなったのか、

1番ホールをボギーとする苦しいスタートだった。キャディーで父・勝さん(49)と

一緒にホールを重ねるごとに落ち着きを取り戻し、最終18番(パー4)では、

首位で並んでいた堀琴音(20)が第1打を小川に入れるトラブルでボギーに。

それを尻目に正確なショットで5メートルのバーディーチャンスを作った。

「これを入れたら単独首位」と意識してこの日4度目のカップインで2打差を

つける首位でホールアウトする。

国内メジャー大会第3ラウンド終了時のアマチュア首位は初の快挙だ。

 

「長野未祈」の画像検索結果

出典元:ヤフー検索画像

 

試合の時にはイメージトレーニングが日課。就寝前にベッドの上で目を

つぶりながら翌日のプレーを思い浮かべるのだが、2日目を終わった夜には、

18番はセンター奥のピン位置で(第2打は)ロングアイアンになるので2パットの

パーをイメージしていたが、この日の本番では見事にバーディーを奪った。

メジャー大会の最終組でラウンドするという凄い重圧は15歳の女子ゴルファーに

普段は1ラウンドのイメージトレで眠りにつくのに、前夜は「2ラウンド回って

しまいました」。さらに腹痛に襲われて、3度ほど目が覚めたとコメントさせた。

 

日本女子オープンゴルフの最終日の最終組で、アマチュアで15歳の

長野未折さんが自分のゴルフを普段通りするのは、かなり難しいと思います。

しかし、父親の勝さんと2人3脚で力を合わせて優勝して欲しいと思います!!

 

スポンサードリンク