ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が、現地時間4月6日(日本時間同7日)のオークランド・アスレチックス戦に「8番・DH」で先発出場し、驚異の3戦連発となる3号本塁打を打ちました。

大谷選手は、海外メディアでの評価はうなぎのぼりになっていますが、足の速さでもメジャートップクラスというのは本当なのか!

スポンサードリンク



海外メディアの評価も投手として160キロのスピード、打者としてのスイングスピードもトップクラスなのは、すでに認知されているが、大谷選手は足のスピードもメジャートップクラスと評価されているようです。

大谷選手の足のスピード

「エンゼルス 大...」の画像検索結果

大谷選手の足のスピードで驚くべき記録は、本塁から一塁ベースまでわずか3.80秒で到達するということいです。

50mのタイムは6.4秒と飛びぬけて早いわけではないのですが、ベースランニングになると、メジャーでのトップクラスのスピードになるようです。

これは、大谷選手が単純に脚力が高いことがあり、スピードの秘密になっていると言えるのは、身長193センチの身体から生み出される大きなストライドだとも言えます。

大谷翔平選手の抜群の身体能力は投打だけではなく、走塁にも存分に活かされているのがわかります。

出場機会が増えて、スライディングの際のケガのリスクなどを考えなければ、盗塁王狙えるレベルにあると言えるようです。

野手に専念すればトリプルスリーも!

大谷選手は、高い身体能力と適合能力で、メジャーリーグでも開幕から投手として初先発初勝利、3試合連続ホームランなど、エンゼルスに入団して二刀流に挑戦しているのは、今のところ成功していますね。

大谷選手は、投手として160キロ以上の速球を投げるので、投手に専念する可能性は非常に高そうですね。

もし打者に専念して、走塁技術を磨くと、本塁打と打率は問題なくクリアできそうですが、盗塁についても山田選手のように30盗塁どころか盗塁王を獲得してトリプルスリーを達成する可能性もあります。

大谷選手の可能性には夢があって、どの挑戦にも応援したくなりますね!!

トリプルスリーが狙えるということは、大谷選手の足のスピードはメジャーでもトップクラスということです。

まとめ

メジャー球団エンゼルスで、二刀流に挑戦している大谷選手の足のスピードはメジャーでもトップクラスだというのがわかりました。

シーズンはまだ始まったばかりですが、大谷選手の活躍からは目が離せないシーズンになりそうですね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク