#古民家カフェ

京都府カフェcafenouka(のうか)場所や駐車場にメニュー!近隣の宿

2018年新春1回目の「人生の楽園」の放送は、京都にお住いの2組のご夫婦が紹介されます。

1組は京都府亀岡市で古民家カフェcafenouka(のうか)を昨年の4月にオープンした森亀好(きよし)さんと妻の和子さんご夫婦です。

森夫妻が営む古民家カフェcafenouka(のうか)の場所や駐車場の有無、メニューなどを紹介します。

スポンサードリンク



cafenouka(のうか)オープンまで

「cafe nouka(の...」の画像検索結果

森亀好さんは、亀岡市の兼業農家の生まれたそうです。

お仕事は亀岡市役所に勤務されていましたが、55歳をひとつの区切りにしようと考えていたようで、お客様がほっこり一息つけるようなカフェを営むことを考えていたそうです。

ご自宅の前の古民家が売りに出たのを2015年に購入されて、翌年の2016年の3月に市役所を55歳で早期退職され、ご夫婦で古民家の改装に取り掛かったそうです。

森亀好さんはなかなか行動力のある方ですね!!

そして、2017年4月に古民家カフェ「cafe nouka(のうか)」をオープンさせました。

古民家カフェ「cafe nouka(のうか)」では、自家製と地元産野菜にこだわった1日10食限定の週替わりランチと、手作りワッフルなどのスイーツを提供しています。

和子さんが作る週替わりランチは、新鮮で旬な野菜を使い、出汁をきかせた優しい味付けが人気になっています。

cafe nouka(のうか)の場所に営業時間

フェイスブックの写真でもわかるように、自然豊かな中にある森ご夫婦が営むcafe nouka(のうか)の場所をや営業時間をご紹介します。

【住 所】京都府亀岡市宮前町神前障子53

【電 話】0771-26-5648

【営業時間】11:00~16:00

【定休日】月曜・火曜・日曜・第2水曜日

【駐車場】駐車場は車が8台駐車可能です。

店舗周辺地図

営業時間は11:00~16:00ですが、奥様の和子さんが作る人気の週替わりランチが予約は出来ないようで、1日10食限定ですので、早めにお店に行かれた方がいいと思います。

新年の1月の営業は、1月11日(木)からになります。

cafe nouka(のうか)のメニュー

cafe nouka(のうか)のお食事のメニューはランチのみになります。

12月の最後のランチメニューの画像がツイッターにありました。

ランチメニューの値段

  • ランチ 1,080円
  • ランチ・ドリンクセット 1,280円
  • ランチ・スイーツセット 1,500円

ドリンクはコーヒー&紅茶(ホット・アイス)

スイーツセットは、スコーン1個とドリンクになります。

地元の野菜と自家栽培のお米を使用した美味しいランチが食べられゆっくりと食事ができるようです。

ドリンクメニューの値段

  • 神前ブレンドコーヒー 430円
  • アイスコーヒー 430円
  • 特選コーヒー 430円
  • 和紅茶(南山城村産) 430円
  • 和紅茶 チャイ仕立 540円
  • オレンジフレーバーティー 480円
  • ほうじ茶ラテ 480円
  • ホットジンジャー 540円
  • りんごジュース 400円

スイーツ値段

  • ワッフル 850円
  • スコーン 550円
  • スコーンアイスクリーム添え 650円

スコーンは木・金・土限定になっています。

近隣の宿泊施設

cafe nouka(のうか)さんの紹介をさせていただきましたが、遠方から店舗に出かけようという方で、日帰りは厳しいという場合もあると思いますので、参考に店舗の近隣の宿泊施設をご紹介します。

 

 

 

旅行に行かれる方もご参考にされてください。

cafe nouka(のうか)さんは京都市内から車で1時間くらいで行ける距離のようですので、京都観光のついでにゆったりとした空間で美味しい食事をするために、cafe nouka(のうか)さんに行くのもおすすめですね!!

まとめ

新春2018年1月6日放送の「人生の楽園」で紹介される、森夫妻が営むcafe nouka(のうか)は、自然豊かな土地に、ゆったりした店舗内の作りになっている、癒しのお店のようですので、気になる方は一度店舗に行かれることをおすすめします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





えばこGOHAN(鳥取市河原町)古民家カフェのメニューや店舗情報の紹介

10月28日放送の「人生の楽園」で鳥取県に移住して地区40年の古民家を借りて、古民家カフェ「えばこGOHAN」をオープンした、今家邦雄さん(61歳)と妻・美恵子さん(63歳)ご夫婦が紹介されます。

そんな古民家カフェ「えばこGOHAN」さんのメニューや場所、営業時間などの店舗情報を紹介させていただきます。

スポンサードリンク



「えばこGOHAN」オープンまでの道のり

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/

今家邦雄さんと妻・美恵子さんご夫婦が、鳥取県に移住し古民家カフェ「えばこGOHAN」をオープンするまでを少し紹介させていただきます。

大阪出身の今家邦雄さんは、地元の高校を卒業後、旧国鉄に就職します。

奥様の美恵子さんとは23歳の時に結婚し、2人の子供が生まれました。

今家邦雄さん31歳の時、国鉄を退職し、自ら商売がしたいと、大坂で焼き鳥店「KUSHITARO]を開業されました。

50歳を過ぎまで昼夜を問わず働き、ご夫婦の中に「深夜まで働くこの生活が10年20年先も続けられるだろうか」という思いが生まれ、田舎での穏やかな生活を考えるようになったそうです。

長女の由貴さんが農業をするため東京から鳥取に移住。さらに、長男の浩太郎さんも鳥取の友人に招かれ移住を決意するという2人の子供たちが偶然にも同じ場所に移住したことに背中を押され、今年3月、長く続けてきた焼き鳥店を閉め、鳥取県に移住を決意。築40年の古民家を借りて、カフェ「えばこGOHAN」をオープンしました。

今家邦雄さんと奥様の美恵子さんは、商売をしていた関係で、子供たちと一緒に過ごす時間がほとんどなかったようで、偶然に2人が鳥取に移住したタイミングでご夫婦も鳥取に移住することで、家族全員が鳥取に集まり、子供たちと過ごす時間も増えたということなので良かったですね。

早速、今家ご夫妻の営む古民家カフェ「えばこGOHAN」の紹介をしていきます。

「えばこGOHAN」の店舗情報

「えばこGOHAN」さんの場所や営業時間、定休日などの基本情報をご紹介します。

出典:http://www.pictame.com

【住 所】:鳥取市河原町牛戸3-2
【電 話】:090-1956-0563
【定休日】:日曜・月曜・火曜
【営業時間】:10:00~16:00

「えばこGOHAN」場所

鳥取自動車道の河原IC降りて約10分くらいです。
目標物として目の前に保育園があります。

「えばこGOHAN」のメニュー

「えばこGOHAN」さんは古民家カフェでランチメニューが評判です。

食材は地元で採れた野菜をふんだんに使用しているようです。

スパイスカレーランチ・・・・・800円

出典:http://www.pictame.com

チキンカレー&のっけごはん・・900円

えばこプレートランチ・・・・・1000円(週替わりです)

出典:http://www.pictame.com

プレート+コーヒー・・・・・・1200円

プレート+コーヒー+ケーキ・・1350円

ドリンクメニュー

えばこブレンドコーヒー・・・・350円

枕崎有機紅茶・・・・・・・・・350円

リンゴジュース・・・・・・・・400円

赤しそジュース・・・・・・・・400円

プレーとランチは週替わりということなので、どんな美味しいプレートが出てくるか楽しみですね。

プレーとランチは地元の野菜がたくさん利用されていて、健康にも良さそうです。自然の景色を満喫して、地元の野菜がふんだんに使用されたランチプレートを楽しむのは至極の時間ですね。

店内でヴァイオリンとギターのライブ等も開催しているそうです。

「えばこGOHAN」さんでは、お店の中で地元野菜の販売や、ワークショップも行っています。

「えばこGOHAN」のまとめ

10月28日(土)18:00から放送の「人生の楽園」で紹介される、古民家カフェ「えばこGOHAN」さんの店舗情報を中心にご紹介させていただきました。

自然溢れる景色と美味しいランチを食べるという、素晴らしい古民家カフェ「えばこGOHAN」さんに私も一度行ってみたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク