#活動再開

ATSUSHIが日本に拠点を戻しEXILEのグループ活動する理由は?

ダンス&ボーカルグループ・EXILEが、1年半ぶりに再始動することが決定したと元旦の早朝にニュースが流れました。

EXILEとしてのグループ活動を離れ、ソロ活動に重点を置いて、16年8月末に期間限定で海外留学をしていたATSUSHIさんが日本に活動拠点を戻し、EXILEのグループ活動する理由が気になりますね。

スポンサードリンク



ATSUSHIさん海外留学の経緯

EXILEのボーカル・ATSUSHIさんは、2018年までという期間限定でアメリカに本拠地を移し“海外留学”するという発表が突如されたのは、オフィシャルサイトで2016年の8月31日のことでした。

ATSUSHIさんはサイト内で海外留学についてコメント次のようにコメントしています。

「次のステージを見上げた時に、自分を逆境に置く環境の中で、初心に戻り、英語はもちろん、世界基準での表現力、歌唱力を身につけ、世界基準のヴォーカリストになることが、EXILEが世界基準のアーティスト・グループになるために必要なことだと考えはじめました」とコメントしました。

このコメントを読んでみると、ATSUSHIさん自身がスキルアップをして世界基準のヴォーカリストになるための海外留学であり、EXILEのグループの為にも海外に行くと感じられます。

しかし、ATSUSHIさん海外留学には、このまままグループを脱退するのではないかという噂も流れていました。

ATSUSHIさんグループ脱退の噂

EXILEの関係者は「2018年までの期間限定ということを強調していたが、このままフェードアウトとなることはほぼ間違いない。」と話す人もいたそうです。

ATSUSHIさんは以前にもにもEXILE脱退の意思を内々に話していたそうで、HIROさんらに強く止められ、その代わりにツアー不参加、ソロ活動重視を認められたという報道もありました。

ATSUSHIさんはソロ活動への思いが強くて、EXILEとしてのグループ活動はどちらかというと脱退したい方向で会ったことは、間違いなかったのではないかと思います。

海外留学の理由

EXILEのグループの中で、ソロ活動を認められたATSUSHIさんは、ソロ活動が増えたことで収入は上がり、それがメンバー間の収入格差を生み、末端のメンバーからは不満の声も出ていたようで、グループから浮いた存在になっていたようです。

ATSUSHIさん自身も、EXILEのグループ内の自分に対する評価を気づいていたようで、EXILEのグループ活動に興味が薄くなっていたのが、海外留学の大きな理由だっようです。

もう一つ理由があり、一部の週刊誌の報道でATSUSHIさんが『生体エネルギー』なるものにハマっており、すでに数千万円も投資したなどと報じられたり、他にも危ない噂があったようなんです。

ATSUSHIさんに危ない噂があったことから、ひとまず海外留学をさせて一度リセットさせて落ち着かせようという、関係者の考えがあったようです。

ATSUSHIさんが活動拠点を日本に戻すと今回発表されたのにはどんな理由があるのでしょうか

ATSUSHIさんが日本に活動拠点を戻す理由

ATSUSHIさんが日本に活動拠点を戻す理由として考えられるのは、所属事務所の「LDH JAPAN」が15周年をむかえるにあたり、たくさんのプロジェクトを発表していること。

所属事務所のプロジェクトの目玉がEXILEのグループ活動の再開だったということではないかと思います。

ATSUSHIさんも、海外留学をさせて貰い、充電期間もいただいた事務所のために、今年はEXILEのグループ活動をすることに決めて、活動拠点を日本に戻したのではないかというのが、個人的には考えられますね。

ATSUSHIさんはEXILEのボーカルとして、欠かせない人物ですからね!!

スポンサードリンク

 

EXILEの2018年の活動

  • 2018年2月から7月までの6カ月間にわたり毎月第1金曜日に新曲を配信リリースする企画「EXILE FRIDAYS」を実施する。
  • 2月2日には第1弾楽曲として再始動を彩るパーティチューン「PARTY ALL NIGHT ~STAR OF WISH~」をリリースする。
  • 約3年ぶりのドームツアー「EXILE LIVE TOUR 2018 “STAR OF WISH”」を開催し、全国に“STAR”をテーマにしたステージを届ける。

EXILEファンとしては、2018年はグループ活動を再開し、盛り上がる1年になること間違いないですね!!

2018年のEXILEの活動が楽しみですし、目が離せない1年になりそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





KAT-TUN活動再開発表!今後のグループ活動や新曲に公演予定は

亀梨和也さん、中丸雄一さん、上田竜也さん、3人の人気グループ・KAT-TUNが1月1日に活動を再開させました。

12月31日から元日に東京ドームで開催され、フジテレビ系で中継されているライブイベント『ジャニーズ カウントダウン コンサート 2017-2018』で発表しました。

2016年5月に充電期間に入り、1年半ぶりにグループとして活動を再開するという発表に、ジャニーズファンは、カウントダウンコンサートで大熱狂でした!!

スポンサードリンク



 

KAT-TUNの活動休止中の3人の活動

2006年3月22日にメジャーデビューしたKAT-TUNは、赤西仁さん田中聖さんがあいついでグループを脱退し、2016年3月に田口淳之介が脱退したことでメンバーが亀梨和也、上田竜也、中丸雄一の3人になりました。

3人のメンバーは「グループの現状や、今後のグループの歩み方を考えた時に、メンバー個々の成長が今必要」と説明してデビュー10周年ライブ『KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR“10Ks!”』公演後の2016年5月より充電期間に入っていました。

「亀梨和也画像 ...」の画像検索結果

亀梨和也さんは、日テレのドラマ「ボク、運命の人です」の主演やスポーツニュース「Going」で日曜日のキャスターとして活躍されていましたね。

ドラマ「ボク、運命の人」では、同じジャニーズ事務所の山下智久さんと共演し、2005年の「修二と彰」としてユニットを組んで以来の「亀と山P」を組んで主題歌「背中越しのチャンス」を発売しました。

今年の『24時間テレビ』のメインパーソナリティーを、櫻井翔、小山慶一郎とともに務めましたね。

亀梨和也さんは活動休止期間中も幅広く活躍されている印象ですね。

「中丸雄一画像 ...」の画像検索結果

中丸雄一さんは、俳優としてテレビ東京系ドラマ『マッサージ探偵ジョー』に主演しました。

テレビ朝日系バラエティ『世界ルーツ探検隊』が開始、地上波ゴールデン番組で初MCを務めるなど活躍の場を確実に広げている感じでした。

日本テレビの日曜日の情報番組「シューイチ」でも20011年4月からレギュラーとして活躍されています。

中丸雄一さんも活動期間中に活躍の場を個人として広げていた感じですね。

「上田竜也画像 ...」の画像検索結果

上田竜也さんは、俳優としてはテレビ東京の「新宿セブン」で主演を務め、TBSの「炎の体育会TV」ではレギュラーとして、「ジャニーズ陸上部」の鬼監督や、炎の体育会TVメンバーとしていろんな競技に挑戦していました。

上田竜也さんは、ボクシングで鍛え上げた肉体と運動神経で、「炎の体育会TV」には欠かせないメンバーですね。

上田竜也さんも、活動休止期間中も活躍の場を広げてきた感じですね。

KAT-TUNのグループとして残った亀梨さん、中丸さん、上田さんの3人は、活動休止期間中も個人的に活動の場を広げ、成長を続けられていたのが本当に素晴らしいと思います。

スポンサードリンク

KAT-TUNのグループ活動再開で、パワーアップした3人のグループ活動が見れるのが楽しみですね。

KAT-TUN活動再開発表世の中の反応は

『ジャニーズ カウントダウン コンサート 2017-2018』の冒頭で、司会を務めるTOKIOの国分太一が「今年最初のビッグサプライズ」と呼びかけ、V6の井ノ原快彦が「充電期間を経て、あいつらが返ってきたぞ!」とファンをあおると会場には黄色い歓声がこだましましたが、世の中の反応も凄かったようです。

KAT-TUNのファンの人たちは、本当にグループ活動再開を喜び祝福していますね。

活動休止期間中も、3人がそれぞれ第一線で活躍し続けていたので、活動再開後のKAT-TUNとしてのグループ活動が本当に楽しみです。

次に現在決まっている活動を紹介します!!

KAT-TUN再始動で決定していること

2018年1月9日から放送の、亀梨和也主演のカンテレ・フジテレビ系ドラマ『FINAL CUT』の主題歌「Ask Yourself」発売が決定しています。

現在のところ発売日は未定ですがわかり次第追記させていただきます。

KAT-TUN再始動後の大きな舞台として4月に「東京ドーム公演」が決定していることも発表されました。

東京ドームの大きい舞台でKAT-TUNの3人がどんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみですね。

「東京ドーム公演」の詳細もわかり次第ご案内したいと思います。

新年早々、KAT-TUNのグループ活動再始動の発表は嬉しいニュースですね!!

今後のKAT-TUNの活躍を追い続けていきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク