#石原さとみ

石原さとみの新恋人前田裕二社長の生い立ちが凄い!経歴や年収は?

女優の石原さとみさんが、IT企業「SHOWROOM」の代表取締役社長・前田裕二さんとゴールデンウィーク直前に2人で沖縄県を旅行していたことを週刊文春報じ、新恋人発覚と話題になってます。

石原さとみさんのお相手、前田裕二さんの生い立ちが凄いとネットで話題になっており、経歴や年収も気になるので調査してみます。

前田裕二さんは、秋元康氏や堀江貴文氏らも絶賛する若手起業家のようです。

石原さとみさんは結婚秒読みとも取り沙汰されていたジャニーズの山下智久さんとは、破局していたということのようです。

石原さとみさんと前田裕二さんの熱愛報道の詳細は、5月9日(水)発売の「週刊文春」で報じられます。

スポンサードリンク



前田裕二さんの壮絶な生い立ち

前田裕二さんは8歳の時に両親が亡くなられたという情報がネットで多く書かれています。

実際は、父親は前田裕二さんが物心ついた時からいなかったようで、両親は前田さんが幼い時に離婚されていると思われます。

前田裕二さんは母親の手で育てられた母子家庭で育っていったようです。

前田裕二さんを育てていらっしゃった母親も、8歳の時に亡くされているようです。

8歳という幼い時に両親がいなくなった前田裕二さんは、親戚の家を転々としたそうです。

前田裕二さんには10歳年上のお兄さんがいらっしゃるようで、最終的にはお兄さんと一緒に暮らし始めたようです。

前田裕二さんのお兄さんについては、一般人らしく調べても情報が出てきませんでした。

前田裕二さんの生い立ちを調べると、お兄さん共々苦労されたのだろうなということがわかります。

両親がいなくなって、8歳にして親戚の家を転々とした前田裕二さんは、自分の手でお金を稼がなくてはいけないということ気持ちが早くから芽生えたのが、現在の企業して頑張っている要因ではないかと個人的に感じますね。

前田裕二さんの経歴

「前田裕二」の画像検索結果

  • 名前:前田裕二(まえだ ゆうじ)
  • 生年月日:1987年6月23日
  • 年齢:30歳(5月8日現在)
  • 出身地:東京都
  • 学歴: 早稲田大学政治経済学部卒業
  • 職業:SHOWROOM株式会社の代表取締役社長

2010年に、UBS証券会社入社します。

2011年に、UBS Securities LLCに移り、ニューヨークで北米機関投資家に対して株式セールス/アドバイザリー業務に従事します。

2013年に、株式会社ディー・エヌ・エーに入社します。
2013年に、株式会社ディー・エヌ・エーでイブストリーミングサービスSHOWROOM(ショールーム)を立ち上げる。

2015年8月に、イブストリーミングサービスSHOWROOMの事業をスピンオフし、SHOWROOM株式会社を設立します。同月末にソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化しました。

前田裕二さんは、路上ライブで生活費を稼ぎ、苦労して早稲田大学に入学して、大学卒業後は、外資系の投資会社に就職し、その2年後、株式会社ディー・エヌ・エー社長の南場智子さんにスカウトされ入社しています。

イブストリーミングサービスSHOWROOM(ショールーム)を立ち上げて2年後に、分社化の形でSHOWROOM株式会社の経営をすることになります。

前田裕二さんの年収は

石原さとみさんと交際されているという前田裕二さんの年収が気になりますね。

前田裕二さんの会社SHOWROOM株式会社は、第1期(2016年3月期)の決算によると、最終損益は1億3200万円の赤字だったようです。

第2期の(2017年3月期)も1億円程度の赤字だったようです。

新しいビジネスモデルを、スピード感を持って運営するのが目的だとすると、会社運営当初の赤字は、会社設立時の事業計画ではわかっていたことなのだと思います。

年収については個人的な予想になりますが、会社運営も2期が終了した時点で、決算は赤字計上しているので、年収は1,000万~2,000万位ではないでしょうか?

前田裕二さんが出版した「人生の勝算」はAmazonでベストセラー1位になっていますので、そちらの印税収入は、相当な金額入ってきていると思われます。

まとめ

石原さとみさんの熱愛相手の前田裕二さんにスポットをあてて記事にしてみました。

前田裕二さんは、幼い頃両親がいなくなり、大変苦労して育った。

早稲田大学を卒業後、企業に就職し、現在はSHOWROOM株式会社の代表取締役社長である。

ジャニーズの山下智久さんとは破局している。

人気女優石原さとみさんと前田裕二さんはの熱愛の行方はどうなるのか?

今回の石原さとみさんと前田裕二さんの沖縄旅行の記事は、5月9日(水)発売の「週刊文春」で報じられます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





石原さとみ結婚願望はあるが、創価学会や所属事務所は問題ないか

石原さとみさんが、一部のインタビューで結婚願望はあるとコメントしていますね。

交際中の山下智久さんと9月に結婚を発表か?と7月10日にネットニュースを賑わせていました。

石原さとみさんが以前から創価学会の会員ということは報じられており、結婚の障害にならないのか?所属事務所は結婚に反対しないのか気になりますね!

スポンサードリンク



最初に結婚発表報道のあった石原さとみさんと山下智久さんのプロフィールを紹介します。

石原さとみプロフィール

「石原さとみ 画...」の画像検索結果

生年月日:1986年12月24日

年齢:30歳

出生地:東京都

血液型:A型

学歴:創価高校卒業

職業:女優

所属事務所:ホリプロ

2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。

山下智久プロフィール

「山下智久」の画像検索結果

生年月日:1985年4月9日

年齢:32歳

出生地:千葉県

血液型:A型

学歴:明治大学商学部

職業:俳優・歌手

所属事務所:ジャニーズ事務所

1996年9月1日にジャニーズ事務所に入所する。

石原さとみ&山下智久馴れ初め

「石原さとみ 山...」の画像検索結果

石原さとみさんと山下智久さんは、2015年10~12月期のドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』(フジテレビ系)で共演したのがきっかけのようです。

自宅で人目を忍んで会っていることが昨年10月に発覚しましたが、その後も石原さとみさんと山下智久さんは交際を続け、4月の山下さんが32歳になる誕生日もふたりで祝っていたと報じられています。

4月の山下智久さんの誕生日もふたりで祝っていたといことが報じられるということは、交際は順調で、結婚を意識されていても不思議ではないですね!!

スポンサードリンク

石原さとみ結婚願望

まいじつのネットニュースに石原さとみさんが結婚願望が強いと、オリコンのインタビューでコメントしている記事が掲載されていますので紹介します。

「オリコンのインタビューでは、20代は夢がいっぱいあって、仕事への目的がはっきりしていたとした上で、《30代になって、プライベートではやりたいことをいろいろと思い付くけれど、お仕事でやりたいことが思い浮かばなかったりして。》と、芸能界に未練がないことを強調しています。映画の宣伝インタビューで、ここまで踏み込んだ発言をするのは異例で、結婚願望が極限に達しているとして波紋が広がっています」

引用元:まいじつネットニュース

石原さとみさんは、インタビューの中で芸能界にも未練がないことを強調していることから、結婚願望は相当強く、結婚したら、引退もありえそうですね!

石原さとみさんのファンとしては、結婚しても女優は続けて欲しいですね!!

石原さとみと創価学会

石原さとみさんが創価学会の信者であることはほぼ間違いないと思います。

  • 創価中学・創価高校出身
  • 親が創価学会員

ご両親が熱心な創価学会の信者のようで、小さい時から石原さとみさんも信仰していてもおかしくないですね。

石原さとみさんのご両親のように、創価学会員は信者同士の結婚が多いようです。

山下智久さんが石原さとみさんの創価学会員というのを理解して、交際を続けていれば、問題はないのではないかと個人的には思います。

山下智久さんが創価学会員にならなければ、結婚できないということはないと思います。

二人の所属事務所の問題は

石原さとみさんの所属するホリプロは、年齢的にも30歳になる石原さんが結婚を決意したら、認める方向のようです。

結婚後、即引退というのは、石原さとみさんは稼ぎ頭なので困ると思うので、事務所としては結婚後のことを事前に打ち合わせて認めると思います。

山下智久さんが所属するジャニーズ事務所は、現在はどこのグループにも所属せず、ソロ活動がメインなので、結婚が決まれば認めそうな気運が高まっているようです。

今回の9月結婚発表も、9月に元SMAPの3人が退社することで、SMAPファンからのジャニーズ事務所への批判が高まることが予想されるので、話題を他にそらしたいという思惑も絡んでいるようです。

 

SNSでも今回の9月結婚報道が気になるという投稿がされています。

 

ツイートで、嵐の松潤と井上真央さんが気になるというツイートがありましたが、井上真央さんも創価学会員のようですね。

石原さとみさんの結婚願望はかなり強いということがわかってきましたので、山下智久さんとのゴールインが本当にあるのか、注目していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク