大谷日本最速新165キロ連発の動画、初セーブで日本ハム日本S進出

ペナントレースを奇跡の大逆転で優勝した日本ハムファイターズが、
16日パシフィックリーグファイナルシリーズの第5戦を札幌ドーム
で戦い、日本ハム7-4ソフトバンクで勝利して、優勝のアドバン
テージの1勝を加え4勝2敗で、4年ぶりとなる日本シリーズ進出を
決めました。九回に3番・DHで先発出場していた大谷翔平が救援
登板。自己最速を更新する165キロをマークするなどし、試合を
締めくくった。

スポンサードリンク



日本ハムは先発の加藤投手が、1回にソフトバンク松田選手の3点
本塁打などで4点を失うなど苦しースタートとなった。しかしながら、
すぐに反撃を開始する

まずは2回に先頭の中田選手ソフトバンクの先発摂津投手から、大勢
の日本ハムファンで埋め尽くされたレフトスタンドへ特大の一発打ち
込み、3点差に詰め寄る。

3回には、日本ハム杉谷の適時打で2点差に詰め寄る。

4回には、ソフトバンクの先発の後を継いだ東浜投手を攻めたてて、
一死満塁のチャンスを作り出す。ここで日本ハム栗山監督が思い切った
選手起用を仕掛ける。先発捕手の大野選手の代打に岡選手を起用する。
岡選手は栗山監督の期待に応えて、二者生還となる適時二塁打を放つ。
さらに、ソフトバンク東浜投手から後退した森投手から中島選手が、
スクイズを決めて、ついに逆転に成功する。

5回には日本ハム大谷選手中田選手連続安打でチャンスを広げると、
近藤選手右翼線に適時二塁打を放ち2点を加え7-4とリードを広げ
日本シリーズ進出に近づく。
初回の4失点以降は、日本ハム投手陣が踏ん張りをみせ、ソフトバンク
打線を無失点で抑えきった。

9回にはレギュラーシーズンで投打に大活躍して、ペナントレース優勝
に貢献した大谷選手が登板する。栗山監督はDHを解除して「3番・投手」
としてマウンドへ。「ピッチャー・大谷」の場内アナウンスに超満員の
スタンドはどよめきのあと、大歓声に包まれた。

先頭の松田選手への初球は163キロを記録。これをファウルされると
続く2球目は141キロの変化球をファウル。3球目は自己最速タイの
164キロでこれもファウル。最後は145キロの変化球で空振り三振
に打ち取ると右手を挙げて吠えた。

次の打者吉村選手の初球は165キロを空振り。プロ野球最速を更新した。
2球目は164キロをファウル。最後は143キロのスライダーで空振り
三振に斬ってとった。

最後の打者は本多選手。初球は164キロでストライク。2球目は151キロ
のフォークで空振り、3球目は165キロでファウル。4球目も163キロで
ファウル。5球目は148キロの変化球が外れ、6球目は165キロを
ファウル。最後は149キロで遊ゴロに打ち取った。

大谷翔平選手は、165キロを3球計測するなど、第1戦の先発勝利を含め
全5戦に打者としても出場する大活躍で、歴史的なCSを締めくくった。

CSのMVPには、この日もソロ本塁打を放つなど18打数6安打、
打率・333、5打点と存在感を示した中田翔選手が選ばれた。

これで、日本シリーズはセリーグ広島、パリーグが日本ハムの

両チームで日本一を争うことになった!!



スポンサードリンク



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*