作曲家平尾昌晃氏死去!結婚歴や残された家族は?SNSの反応は

作曲家でモノマネ番組の審査員でもお馴染みの平尾昌晃さんが、7月21日午後11時40分、肺炎のため都内の病院で死去していたことが22日、わかりました。

若かりし日は、日劇ウエスタンカーニバルの看板スターとして活躍し、その後作曲家に転身した平尾さんの、結婚歴や残された家族、SNSの反応について調べてみます。

スポンサードリンク



平尾昌晃さん経歴

「平尾昌晃」の画像検索結果

1957年、ジャズ喫茶「テネシー」に出演していた際、ステージを見た渡辺プロの渡辺美佐と映画監督井上梅次に見初められ、同年に公開された石原裕次郎主演の『嵐を呼ぶ男』に出演する。

1958年に、キングレコードより「リトル・ダーリン」でソロ・デビューする。

ミッキー・カーチス、山下敬二郎と「ロカビリー三人男」として「日劇ウエスタンカーニバル」の看板スターになる。

1958年には、キングレコードからオリジナルナンバーである「星は何でも知っている」、翌年には「ミヨチャン」を発表し、2曲共に100万枚を売り上げる大ヒットとなった。

ロカビリーブーム後は作曲を勉強して、数々のヒット曲を世に送り出す。

1967年に布施明の「霧の摩周湖」、梓みちよ「渚のセニョリーナ」で第9回日本レコード大賞作曲賞を受賞する。

五木ひろし「よこはまたそがれ」、小柳ルミ子「瀬戸の花嫁」、アグネス・チャン「草原の輝き」など、70年代にはヒットチャート上位の作品を輩出した。

1974年に「平尾昌晃音楽学校」を創立した。石野真子、狩人、松田聖子、倖田來未、後藤真希らを輩出しました。

1978年には、「平尾昌晃音楽学校」の生徒の畑中洋子とデュオを組み、「カナダからの手紙」をデュエットし、大ヒットとなった。

「平尾昌晃」の画像検索結果

1980年代には、宝塚歌劇団の舞台音楽にも携わり、幅広く才能を発揮した。

2006年から「NHK紅白歌合戦」で番組のフィナーレを飾る「蛍の光」の指揮を務めた。

平尾昌晃さんの経歴を見るだけでも、若い頃から才能あふれる方なのがわかりますね。

平尾昌晃さんは、歌番組やモノマネ番組の審査員としても活躍されていましたが、きちんと批評しながら、優しく出演者を褒めるのがとても印象的でした。

「日劇ウエスタンカーニバル」の看板スターで、ヒット曲も歌っていて、作曲家としてもたくさんの歌手の方にヒット曲を提供するというのは、素晴らしい才能だと思います。

スポンサードリンク

平尾昌晃さんの結婚歴

平尾昌晃さんは、2回結婚されているようです。

1972年、平尾昌晃さん当時34歳で、現役女子大生と結婚されています。
お相手の女性は、16歳年下だったようです。
この女性の方との間には1人お子さんがいらっしゃるようです。
結局お二人は後に離婚されます。

1978年に再婚するのですが、お相手は歌手の小沢深雪さん。当時19歳でデキ婚だったようです。
小沢深雪さんとは、年の差なんと21歳です。
この当時としては、かなり珍しい年の差結婚でした。現在はもっと年の差あるカップルがたくさんいますね。

小沢深雪さんと結婚されて二人の子供を授かります

小沢深雪さんとも後に離婚されます。

小沢深雪さんとの間に生まれた、平尾勇気さん(36歳)は、父親譲りの音楽の才能と、2世タレントして芸能界で活躍されています。

「平尾昌晃」の画像検索結果

平尾昌晃さんの結婚歴を見ていくと、とにかく若い女性が好きだということがわかりますね。

平尾昌晃さんが、いつまでも若くてダンディだったのは、若い女性が好きだったのがあるのかもしれませんね。

SNSの反応

平尾昌晃さんは、現在でも芸能界で活躍されている歌手やタレントの方を育てられ、ドラマの主題歌やテレビでの審査員など幅広くご活躍されていました。

たくさん平尾昌晃さんのふふぉうを知り、SNSに投稿されていますので紹介します。

平尾昌晃さんの訃報を知り、たくさんのファンから投稿がされています。

平尾昌晃さんのお別れ会は後日実施されるようなので、発表がありましたら、ブログでお知らせいたします。

平尾昌晃さんのご冥福をお祈りいたします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*