山中慎介V13挑戦者ルイス・ネリのボクシングスタイルや試合動画

WBCバンタム級世界王者の山中慎介選手元世界王者の具志堅用高さんに並ぶ世界王座13連続防衛をかけて挑戦者の同級1位ルイス・ネリ選手(メキシコ)と8月15日対戦します。最強挑戦者と言われるルイス・ネリ選手のボクシングスタイルや試合動画を紹介しながら、山中慎介選手VSルイス・ネリ選手の世界戦を予想してみたいと思います。

スポンサードリンク



試合結果速報

挑戦者のルイス・ネリ選手がチャンピオン山中慎介選手を4RTKOで破り、新チャンピオンになりました。

日本記録の13連続防衛のタイ記録目山中慎介選手は敗れてしまいました。

4Rは挑戦者のルイス・ネリ選手のパンチに防戦一方となり、セコンドからタオルが投げ入れられて試合が終了した。

今回の世界タイトルマッチは、残念ながら挑戦者のルイス・ネリ選手がチャンピオンを圧倒したと感じる試合でした。

山中慎介選手が今後の進退をどうするのかが注目を集めることになりそうだ!!

 

]山中慎介選手とルイス・ネリ選手の戦いは、ボクシングファン待望の一戦であることから、ルイス・ネリ選手が難敵であることがわかりますね!!

ルイス・ネリ選手は23戦して無敗という戦績で山中慎介選手のタイトルに挑戦という最強挑戦者にふさわしい戦績です。

山中慎介選手とルイス・ネリ選手のプロフィールから最初に見ていきます。

山中慎介とルイス・ネリのプロフィール比較

山中慎介選手

「山中慎介」の画像検索結果

名前:山中慎介

生年月日:1982年10月11日

年齢:34歳

身長:171cm

スタイル:サウスポー・ファイター

階級:バンタム級

デビュー:2006年1月7日

 

ルイス・ネリー選手

「ルイス・ネリ」の画像検索結果

名前:ルイス・エステバン・ネリ

生年月日:1994年12月12日

年齢:22歳

身長:163cm

スタイル:サウスポー・ファイター

階級:バンタム級

デビュー:2012年5月5日

ルイス・ネリ選手は1994年生まれで現在22歳という若さでで、世界チャンピオンの山中選手が34歳ですので、一回りも歳が若いのがわかりますね。

キャリアではチャンピオンの山中慎介選手が断然ありますが、12歳も若い挑戦者ルイス・ネリ選手には、粗削りながら爆発力とスタミナは分がありそうな感じですね!

身長が山中慎介選手が171cmでルイス・ネリ選手は163cmということで身長差が8cmあるので、挑戦者のルイス・ネリ選手が積極的にもぐり込んでの接近戦の戦いも考えられますね。

チャンピオンの山中慎介選手は右のリードを突いて、距離をとる作戦に出るのか、挑戦者ルイス・ネリ選手と接近戦で打ち合うのかが、試合のポイントになりそうですね!!

山中慎介選手とルイス・ネリ選手の戦績比較

チャンピオン山中慎介選手の戦績は、29戦27勝(19KO)0敗2分け
27勝のうち19試合でKO勝利を収めているので、KO率66%

挑戦者のルイス・ネリ選手の戦績は、23銭23勝(17KO)0敗0分け
23勝のうち17試合のKO勝利を収めているので、KO率74%

挑戦者のルイス・ネリ選手の戦績はKO率74%で23戦0敗ですので、チャンピオンの山中慎介選手にとっては最強の挑戦者と言えそうですね。

挑戦者のルイス・ネリ選手は、これまですべてメキシコ国内で試合をしています。

今回の世界タイトルマッチが初の地元メキシコ以外のリングで戦うので、そのあたりのメンタル面も注目ですね。

チャンピオンと挑戦者の試合数は、山中慎介選手が6試合多いいのですが、二人の戦った総ラウンド数の違いに驚きました。

山中慎介選手は総ラウンド数は202ラウンド。対するルイス・ネリ選手は総ラウンド数96ラウンドです。

試合数は山中慎介選手が6試合上回っていますが、総ラウンド数は2倍以上戦っています。

ラウンド数からわかることは、挑戦者のルイス・ネリ選手は、これまで早いラウンドで試合を勝ってきているということになります。

山中慎介選手は、右のリードで距離をとりながら、長期戦でじっくりとダメージを与えていく作戦も、短期決着の多い挑戦者ルイス・ネリ選手には有効かもしれません。

スポンサードリンク

ルイス・ネリ選手の試合スタイル

全般的に、左右のパンチの手数を出してプレッシャーをかけながら、追い込んでいる試合でした。パンチの上下の打ち分けもきれいに決まっていて、強いという感じの試合運びでした。

最近のルイス・ネリ選手の試合からわかるのは、プレッシャーをかけて、チャンスになるとパンチをまとめる能力が高いということです。

パンチの上下の打ち分けと、左アッパーが要注意なパンチな気がしました。

チャンピオンの山中慎介選手が挑戦者のパンチが当たって、ひるむようなことがあると、プレッシャーをかけられ、ラッシュされる可能性がありますね!

試合の動画を見る限りですが、ディフェンス面では、ルイス・ネリ選手は、相手のパンチを簡単にもらう場面もあったので、山中慎介選手のパンチもかなり当たるような気がします。

試合の予想

チャンピオンの山中慎介選手にとって、最強の挑戦者であるルイス・ネリ選手の戦いはKO決着が必死なのではないかと思います。

22歳の若い挑戦者ルイス・ネリ選手が、序盤でいいパンチがチャンピオンの山中慎介選手に当たり、ペースを握りラッシュをかけてくると、チャンピオンがKOされる可能性が高くなると予想します。

チャンピオンの山中慎介選手は、12Rまでもつれ込む試合も経験しているので、序盤を右のリードブローで距離をとりながら、中盤から終盤にもつれ込めば、経験値でまさる山中慎介選手が勝利する可能性が高いのではないかと思います。

TV放送時間

山中慎介選手VSルイス・ネリ選手の世界バンタム級タイトルマッチは、日本テレビ系列で19:56分~放送があります。

ゲスト解説には、元WBA世界ライトフライ級チャンピオンで連続13度防衛した具志堅用高さんも来られます。

具志堅用高さんの世界戦13度連続防衛記録に山中慎介選手が並ぶかも、大きな注目の一戦ですからね。

まとめ

世界バンタム級チャンピオン山中慎介選手が具志堅用高さんの世界戦13度連続防衛記録に並ぶことが期待される8月15日島津アリーナ京都で開催される世界タイトルマッチ。

挑戦者のルイス・ネリ選手は、23戦無敗の最強挑戦者なので、どちらが勝利してもおかしくない接戦が予想されます。

チャンピオンの山中慎介選手は、コンディションも万全の仕上がりのようなので、「神の左」を挑戦者のルイス・ネリ選手に当てて、KO勝利をして欲しいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサードリンク





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*