箱入り娘ゆめおばこ(秋田県美郷町産)の新米の通販サイトを調査

10月14日放送の「満天☆青空レストラン」は、年に一度の新米祭りです。今年紹介されるのは、秋田県美郷町で生産されている「箱入り娘ゆめおばこ」の特集です。

テレビで紹介されると、売れ切れが予想される新米「箱入り娘ゆめおばこ」のお取り寄せ方法や通販サイトを調査してみます。

MCの宮川大輔さんとゲストのオードリー春日さんが農家の人たちから米の洗い方や炊き方を教わったり、全国から取り寄せた絶品のおかずで、新米「箱入り娘ゆめおばこ」をを味わいます。

スポンサードリンク



「箱入り娘ゆめおばこ」の紹介

【生産地】

「箱入り娘ゆめお...」の画像検索結果

「箱入り娘ゆめおばこ」が栽培されている秋田県美郷町は、秋田県南部の奥羽山脈の裾野仙北平野に広がる清らかな水と自然豊かな町です。

秋田県美郷町は、夏の日照時間が長く、日差しをたくさん浴びることにより稲は元気に育ちます。

秋になると、盆地特有の気候になり、朝と日中の気温差が10度以上になり、この寒暖差稲の実りを進めて、美味しいお米に仕上がります。

【ゆめおばこ】の由来

ゆめおばこ

引用元:http://www.ak.zennoh.or.jp/rice/lineup.html

「箱入り娘ゆめおばこ」は系譜でわかるように、「あきたこまち」と「ひとめぼれ」両方の血統を受け継ぐ、お米界のサラブレッドなのですね。

ゆめおばこの「ゆめ」は、多くの農家より求められている病気や寒さに強く、多収性を求める夢の品種であること、「おばこ」は、産地である秋田の女性をイメージする強い信念と炊飯した時の軟らかさを合わせ持つことから命名されたそうです。

【特徴】

「箱入り娘ゆめお...」の画像検索結果

  • 米粒は大きく、食べ飽きない粘りと弾力があります。
  • タンパク質含有量が低いというのが特徴で、炊き上がりがふっくらとしています。
  • 「丼物」・「炊き込みごはん」など、さまざまなメニューにも適しています。

お取り寄せ通販サイトの紹介

「満天☆青空レストラン」で紹介されるということで、全国的に人気がでそうなので、早めに取り寄せて新米を味わってみたいですよね!!

「箱入り娘ゆめおばこ」は楽天で取扱いしていました!!

 

 

 

「箱入り娘ゆめおばこ」の29年産の新米を食べて美味しさを確認してみてくださいね。

ご飯の友

「満天☆青空レストラン」では、宮川大輔さんとオードリー春日さんが、農家の人たちから米の洗い方や炊き方を教わったり、日本全国からご飯の友が登場します。

ご飯の友も、やっぱり気になりますよね!!

番組ではご飯の友として紹介されるのが、北海道の「鮭とキャベツの重ね漬け」です。

私も正直なところ食べたことがないのですが、サラダ感覚のごちそう漬物!シャキシャキしたキャベツとソフト食感の鮭が良く合うそうです。

宮川大輔さんもオードリー春日さんも「うまい!」と叫ぶこと間違いなさそうですね。

「鮭とキャベツの重ね漬け」も、楽天でお取り寄せすることが可能です。

 

 

ご飯と一緒に食べたら美味しそうですね!

 

新潟県「幻の魚ゲンギョの干物」もご飯と相性がいいようですね。

生のゲンギョはコラーゲンたっぷりだそうです。

軽く焼いたゲンギョ干しは脂がのって香ばしく、3~5本はアッと言う間に食べられるそうです。

 

見た目はグロテスクですが、味は最高です。

その他にも、秋田県「モズクガニのカニみそ」や長野県「燻製黒こしょう」が「箱入り娘ゆめおばこ」のおかずとして番組内で紹介されます。

 

本日の乾杯メニューは、秋田県で人気のラーメン店「餃子の餃天」の「赤白緑の3色セット」で元気に乾杯です!!

 

乾杯では、餃子「赤白緑の3色セット」に新米の「箱入り娘ゆめおばこ」ですから、「うまい!」と笑顔が自然とはじけますね!!

「箱入り娘ゆめおばこ」まとめ

今回は10月14日「満天☆青空レストラン」で特集される、秋田県美郷町産の「箱入り娘ゆめおばこ」について取り寄せと通販サイトを中心に調査してみました。

新米の季節になると、新米を食べたくなりますよね。

今回特集した「箱入り娘ゆめおばこ」は、「満天☆青空レストラン」で紹介されたら間違いなく注文が殺到しそうですね。

関連記事:なでしこ農園の国産バルサミコ酢の通販サイト

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*