気象病の原因や症状は何?予防の耳マッサージを「その原因、Xにあり!」で紹介

2017年3月3日(金)夜7時から放送される「その原因、Xにあり!」「気象病」について特集される。「気象病」に悩んでいる人、推定人数1000万人とも言われる病気の原因や症状は何か?番組では予防に効果のある耳マッサージを紹介する。私が調べた、「気象病」の知らなかった事をまとめて紹介させていただきます。

スポンサードリンク



「気象病」といっても聞きなじみがないと思います。

天気が悪くなると、頭痛がしたり、腰痛がひどくなったりなどの経験はありませんか!

「そういえばと」思い当たる人が日本では推定人数1000万人いるそうです。

「気象病」の原因と様々な症状を知っておく事は大切だと思いますので紹介いたします。

最初に、気になる気象病の予防法をご紹介します。

気象病の予防法

3月3日にフジテレビで夜7時から放送の「その原因、Xにあり!」で、30年間「気象病」に悩まされた女優の雛形あきこさんが、病状の改善につながった「効果的な耳のマッサージ」を実施しているところが紹介されるようです。簡単なようなのでマネしてみましょう!

気象病の原因の一つは「敏感耳」にあると紹介されました。予防対策として耳の欠航をよくするという話でした!

効果的な耳のマッサージは、自分の手で耳をつまんで、耳を上の方に5秒引っ張る続いて横に5秒引っ張る続いて下の方に5秒引っ張る続いて自分の耳を内側に2つ折りにして5秒最後に手で耳を覆い、後方に丸く円を描くようにマッサージをする。1セット3回を、朝、昼、晩の3回実施する。

すごく簡単ですので、実践してみてください!!

女優の雛形あきこさんは、30年苦しんできた気象病が、5日目くらいから楽になったそうです。

耳の血行を促進しておくと、気圧の変化に順応しやすくなり、気象病の予防になると番組で説明されていました。

原因や、症状をこの後に記事で紹介させていただきますが!

私が調べた予防法も紹介させて貰います。

急激な天候の変化により起こる「気象病」は人間の身体の自律神経のバランスを崩すので起きると考えられます。

自律神経は、集中状態の交感神経リラックス状態の副交感神経がバランスを取りながら切り替わり、血圧や血流、内臓の働き、体温調節などの働きのバランスをとっています。

それが、急激な天候の変化で、気温や気圧が変わり、バランスを保つのが難しくなるのです。

自律神経のバランスは自分でコントロールはできないので、切り替えが上手くできるように呼吸を整えるということが予防になると考えられます。

「深呼吸の人」の画像検索結果

腹式呼吸を意識しながら、5秒くらい大きく息を吸い込み10秒くらいかけてゆっくり吐き出します
この呼吸法を5~10回くらい実施します。

息を吸うと交感神経は働き、息を吐くときには副交感神経が働きますので、この呼吸法を取り入れることで、「気象病」の予防につながります。

簡単なので、呼吸法を試してください!!

「気象病」が起こる原因は

気象病は、気温や気圧、湿度など天候の変化が原因で起こる症状のことです。

低気圧の接近で下り坂の天気で雨が降ったり、台風が接近したり、急激な天候の変化があった時に、持病が悪化したり、新たな体調不良になったりするのが、気象病によるものが多いと考えられています。

人間の体は、普通に地上で生活している限り、外から圧力受けています。これが気圧と呼ばれるものです。
人間は気圧に対して、体の内側から同じだけの圧力で気圧を押し返しています。

天気の変化で、気圧が変動することに、体の内側から押し返す圧力が上手く調整できなくなることが、原因になっていると考えられています。

低気圧により気圧が下がると、一時的に血管が膨張することで、脳が圧迫を受けて頭痛を引き起こしたり、体がだるいとか、めまいを引き起こします。

気象病の原因のもう一つの要因は、自律神経のバランスが乱れるということが考えられます。

自律神経は、集中状態の交感神経とリラックス状態の副交感神経がバランスを取りながら切り替わり、血圧や血流、内臓の働き、体温調節などの働きのバランスをとっています。

天候の変化による、温度や気圧の変化察知して、体のバランスをとる役目の自律神経が、急激な天候の変化などで、負担が大きくなり、バランスを乱してしまうことが原因になっていると考えられます。

「気象病」の症状

気象病が引き起こす症状は、人によって様々でたくさんの症状を引き起こすことがあります。

一般的に気象病が原因で多く起きてる症状は次のようなものがあります。

頭痛や腰痛、関節痛や古傷の痛みなどの、体の痛みが増す症状。

「頭痛の人」の画像検索結果

「腰痛の人」の画像検索結果

 

肩こり、首のこりなどの悪化、それに伴う倦怠感

「肩こりの人」の画像検索結果

「首こりの人」の画像検索結果

 

耳鳴りや血圧の上昇による高血圧などがあります。

「耳鳴りの人」の画像検索結果

気象病では、発生した症状が一時的に起こり、短時間で改善されるケースがほとんどのようです。

気象病は天気や気圧などの急激な変化により発生し、天気が回復して天候が戻ると症状が治まってくるようです。

症状などは、自分にあてはめて考えると、気象病かどうかわかりますね。私は腰痛持ちで、天気が悪くなると腰痛がひどくなるのは、かなり前から感じてました。私も気象病なのかもしれません(汗)。

まとめ

3月3日の夜7時からの「その原因、Xにあり!」で気象病の特集があるので注目です!!

「その原因、Xに...」の画像検索結果

番組では、朝スッキリ起きるために役立つ効果的な夕食前のドリンクも紹介されるようですので、楽しみですね!!

番組で紹介してくれた、朝スッキリ起きるためのドリンクは「リンゴ酢」でした!!

「リンゴ酢」の画像検索結果

夕食前にリンゴ酢を、スプーン1杯コップに入れて、5倍の水で薄めて飲むだけです!!

ジェットコースター血糖を防いで、良い睡眠ができるようになるようなので、気軽なので試してみてはいかがでしょうか!!

知って得する情報はどんどん知っておきたいですね!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*