たけしみんなの家庭の医学 血管年齢の改善と血糖値上昇防ぐ方法

5月15日(火)テレビ朝日系で19時54分から放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」は「最新!老化ストップSP」ということで、「これ以上身体を老けさせない!名医が教える【最新!老化ストップ法】」がとりあげられます。番組の主な内容と、血管年齢の改善と、血糖値上昇防ぐ方法を個人的に調べたので紹介させていただきます。この記事を読んで知識を得てから、放送を楽しんでみてください。

スポンサードリンク



放送を観てわかった役立つ内容は、放送終了後、この記事に追加しますのでよろしくお願いします。

5月15日放送の主な内容

5月15日放送のスペシャルでは、名医が教える最新の老化ストップ法など、老化と認知機能の低下に有効な栄養素や食事法などが紹介されます。

「老化ストップ食...」の画像検索結果

「新潟県のある街では、老化ストップ栄養素で認知機能と足腰の衰えを防いでいる」

新潟県のある街という地域が特定されているので、新潟でよく食べられている食材に含まれている栄養素がカギになるのでしょうか?

「アメリカの最先端研究~血糖値の上昇を防ぎ、血管を若々しく保つ高血糖ストップ遺伝子」

血糖値の上昇を防ぎ、血管を若々しく保つ高血糖ストップ遺伝子が研究によって明らかになっているようですね。どのような遺伝子なのか、番組でしっかり確認したいですね!!

「体内のある栄養素の量の違いによる認知機能、足腰の筋力の差を検証」

体内のある栄養素の量の違いで、認知機能や足腰の機能に差が出るという検証がされるようですね。栄養素がわかれば、栄養素の量を改善すればいいので、しっかり覚えたいですね。

「強豪相撲部が実践する、どんなに食べても血糖値が上がらない食事法とは!?」

血糖値は、食事法でかなりコントロールできるというのは聞いたことがありますが、相撲部だと太るために、炭水化物であるお米をたくさん食べるはずなので、どのように血糖値を上げないような食事をしているのか興味がありますね。

「老化ストップ食...」の画像検索結果

どれも認知症や老化に関連する興味深い内容なので番組が楽しみですね!!

スポンサードリンク



ここからは、番組内容に関連する知識として、私が調べた情報を紹介します。

血管年齢の改善

年齢を重ねると、体力が衰え、シワやシミ、白髪が出てきますね。同じように血管も年を取ります。

血管は硬くなり、硬くなったところが破れたり詰まったりすると、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因ともなります。

血管年齢を若くするには、食べ物がよく知られていますね。

血管のためには普段の食事がとても大事ですが、それ以外にも血管のためにするといいことがあります。

質の良い睡眠

血管のためには質の良い睡眠が欠かせません。

「質の良い睡眠」の画像検索結果

質の良い睡眠が欠かせないのは、傷んだ血管を修復するのは成長ホルモンだからです。

成長ホルモンは睡眠直後から3時間ほど分泌され、新陳代謝を促し、体のダメージを修復してくれます。

成長ホルモンは、眠ってから3時間が最もたくさん分泌されます。だから、寝る時刻よりも質の良い睡眠をとることが大事だと言われています。

入浴時に気を付ける

温度差が大きいと血圧の変動が激しくなります。
血圧の上下動が激しいと血管にはとても負担がかかるようになるのです。

心筋梗塞や脳梗塞の引き金になりますから、脱衣所も暖房器具などを置くなどの工夫をしてして、風呂場との温度差をできるだけ小さくしましよう。

お風呂の温度はぬるめのお風呂がいいのです。38度くらいの血管に負担が少ない温度がいいとされています。

「入浴」の画像検索結果

湯船に入ると血圧が上がりますが、湯船に入る時に声を出すと血圧の上昇を抑えることができます。湯船に入る時は、「よいしょ」「ふぅ」とか何でもいいので声を出すように意識しましょう。

血管のために摂りたい食品

血管が老化しても、食事の食品を工夫すると、若返らせることができるんです!

野菜を食べる

トマト・玉ねぎ・ほうれん草・小松菜・枝豆・ブロッコリー・アスパラ・菜の花・ルッコラ・とうもろこし・カリフラワーなど。

野菜にはβカロテンや、ポリフェノール、フラボノイド、食物繊維がたくさん含まれています。これらの栄養素が血液をサラサラにしてくれる効果があります。

野菜は、抗酸化作用があり、年齢とともに増える有害な「活性酸素」を抑え、酸化を防いでくれます。

大豆製品

納豆・豆腐。

大豆製品には良質なたんぱく質がたくさん含まれています。良質のたんぱく質は血液をサラサラにし、血管の内皮細胞をよみがえらせ、心筋梗塞や脳梗塞を予防する働きがあると言われています。

お魚

サバ・アジ・イワシなどの青魚には、EPA・DHAがたくさん含まれています。
EPA・DHAは血流を良くする働きがあり、血管に負担をかけないようにします。

油類

えごま油・亜麻仁油・オリーブ油など、油は体に必要なもので、血管などの臓器を柔らかくしてくれます。
えごま油と亜麻仁油はEPA・DHAを青魚より効率的に摂取できると言われています。

血管年齢を改善するには、良質な睡眠をとることが必要で、お風呂に入る時には、お湯の温度や脱衣場の温度に気をつける。そして、日頃の食生活に注意して、できるだけ血管の若返りに良い食品を摂取するということがポイントになるようです!!

スポンサードリンク


血糖値の上昇を防ぐ

血糖値を急上昇させないためには、食事はゆっくり時間をかけて食べることが、とても大切です。

よくかまずに飲み込むような食べ方や、おかずを食べる前にいきなりごはんをかきこんでしまうような食べ方は血糖値を急上昇させ、肥満を招くインスリンを大量に分泌させることになります。

ゆっくり食事をすることも重要なポイントです。

1回の食事には最低でも15分くらいかけることを心がけてください。それよりも時間が短いと、満腹感を得る前に食べすぎてしまいます。

ゆっくりよく噛んで食べるには、食物繊維の豊富な野菜やきのこ、海藻などのおかずを積極的に食べると効果的だ。一口30回を目安にするといいだろう。また、一口食べるたびにテーブルに箸を置き、会話を楽しみながら食べるのも早食いを防ぐコツといえる。

食べる順番を変えるのもポイントです。

同じメニューでも食べる順番を変えるだけで、血糖値の急上昇を防ぐことができます。

野菜やきのこ、海藻などに含まれる食物繊維には、糖の消化・吸収を遅らせる作用があるので、食事の最初に食べるといいです。これらである程度おなかを満たしてから、肉・魚、そしてごはんへと食べ進むのがコツです。

これだと、ごはんの食べすぎも抑えられるし、血糖値の上昇がゆるやかになります。

油や酢を上手く利用すのもポイントです。

脂質と聞くと、カロリーが高いので敬遠されがちですが、実は消化吸収に時間がかかるので、血糖値は最も上昇させにくいのです。

血糖値を一番上昇させる糖質と一緒に脂質をとると、血糖値の急上昇を抑えてくれる効果があると言われてます。

パンにはバターやオリーブオイルをつけて食べる、かけそばではなく天ぷらそばにして、天ぷらから食べる。これだけでも、食後の血糖値の急上昇をある程度抑えることができます。

お酢にも、血糖値の急上昇を抑える働きがあります。お酢には高血圧や血中脂質を低下させる働きもあるので、生活習慣病の予防にもいいと言われています。

油やお酢を摂ったからといって、糖質のとりすぎをしていては、血糖値の上昇を防止できませんので、適正な糖質量の食事を続けることが必要です。

5月15日放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」は「最新!老化ストップSP」では、名医の方が、老化をストップさせる栄養素や、遺伝子などについて紹介がありますので、私の調べた記事は、参考程度に覚えていただければと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク





SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*