「オオカミウオ」の画像検索結果

9月2日の日テレで放送される「嵐にしやがれ」で特別企画・大野智の夏休み、北海道でタレントの加藤諒さんと巨大怪魚オオカミウオ(狼魚)釣りに挑戦します。オオカミウオは珍しい魚なので、その生態や釣る方法など調べてみます。オオカミウオはどのように調理できて、味は美味しいのかも気になるので調べてみます。

スポンサードリンク



オオカミウオは画像を見ても怖い顔に巨大化した魚で、嵐の大野智さんと友達でタレントの加藤諒さんが北海道網走で釣りに挑むが果たして見事に釣れるのでしょうか!!

最初にオオカミウオの生態から見ていきます。

オオカミウオの生態

「オオカミウオ」の画像検索結果

オオカミウオは体長1mにもなるギンポの仲間です。

「ギンポ」の画像検索結果

ギンポの仲間というだけあって、画像を見る限り大きさ以外は似ている感じがしますね。

ギンポという魚は、江戸前寿司などで天ぷらのネタになる魚です。

オオカミウオの生息地

オオカミウオは日本においては東北地方の北部や知床、オホーツク海の水深50-100メートルの岩礁域にいるそうです。

オオカミウオは穴や隙間に体を潜ませており、顔だけ出しているようです。

今回の「嵐にしやがれ」で大野智さんと加藤諒さんは北海道の網走に釣りに行くようです。2人は巨大怪魚オオカミウオを釣れるのでしょうか?

オオカミウオの食性

「オオカミウオ」の画像検索結果

大きな口と強靭な歯を使って貝類や甲殻類を噛み砕いて食べています。サザエも強力な顎と歯で殻ごと噛み砕いて食べるらしいです。

貝類や甲殻類も噛み砕いて食べてしまうというと、凶暴で恐ろしい魚に感じますが、おとなしい魚なようです。

根は優しいけど力持ちという感じのようですね!

しかし、オオカミウオは強靭な歯を持っていますので、噛まれると危険なので、注意が必要な魚です。
大野智さん加藤諒さん注意してくださいね。

オオカミウオ釣り方は

オオカミウオの釣りは、夏の7月か8月がベストシーズンのようです。

今回の「嵐にしやがれ」のロケはバッチリのシーズンなので、大野智さん加藤諒さんの2人が釣れる可能性が高そうです。

オオカミウオは船で沖へ出れば、そこそこ簡単に釣れる魚のようで、シーズになればかなり釣れるようです。

船で沖に出ればかなり釣れるオオカミウオは、一つの根(岩礁地帯)に相当な数がいるらしいのです。

船で沖に出て、場所と時間が合えばかなりの確率でつれそうだという情報があるので、大野智さんと加藤諒さんにもチャンスはあるということですね

オオカミウオは美味しいのか

巨大で怖い顔をしているオオカミウオはそもそも食べられるのでしょうか。

結論から言うと食べられるそうです。

オオカミウオの気になる味の特徴は!?

  • 身は柔らかく脂がのっている
  • 癖がなく食べやすい
  • 独特の臭みがあるので調理方法でカバー

特徴にも書いたのですが、独特な臭みがあるので油を使って料理すると、美味しくできるようです。

油を使って「揚げ物」「炒め物」などが無難に美味しく食べられそうです。

高温でカラッと揚げた「から揚げ」なんかビールのおつまみに最高な感じです。

「オオカミウオ ...」の画像検索結果

オオカミウオを焼き物で食べる場合は、塩焼のような素材の味を生かすよりも、ソテーなど味をつけた調理方法の方が、臭みを消せるので、美味しくいただけるように思います。

まとめ

9月2日放送の「嵐にしやがれ」で大野智さんと加藤諒さんが、北海道の網走に巨大怪魚オオカミウオ(狼魚)を釣りに行くということで、オオカミウオの生態や画像、調理したら美味しいのかを調査して紹介させていただきました。

とにかく巨大な魚で、貝類や甲殻類も噛み砕いて食べてしまうという魚なので、大野智さん加藤諒さんが無事に釣り上げられる姿が、放送されることを期待します!!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサードリンク